【藍染グラデーションに惚れ惚れ】まさに”羽衣”。ヘンプ100%のプレミアム・ストール

『ASAFUKU PREMIUM』・・麻福のプレミアムシリーズとして、最近こんなロゴを使っています。

ASAFUKU PREMIUM ロゴ

ベタな名称ですが、分かりやすいかなぁと思いまして、、製品としての使い勝手だけでなく、技術的にも最高峰で、希少性と、強い想い入れがあるアイテムに貼っています。

先日より紹介してきたヘンプ100%を中心とした以下商品もプレミアム。

中わた敷パッド ※2019年夏に再販売予定。
ワッフルブランケット<薄手・夏用> ※やむなく廃盤。
マーガレット(3wayストール) ※廃盤。

今回は『ヘンプ100%の羽衣ストール』のご紹介です。

細くしなやかなヘンプ糸を用いて、極限まで粗く織っているこのストールはまさに芸術品。ふわっと包み込むようにやさしく包み込みます。ヘンプ100%なので、ムレすぎず、暑すぎることもなく、夏のショールに最適です。

ヘンプに関心ない人でも、みな感嘆してくださいます。

触った人はみな『羽衣みたい』とおっしゃいます



この細い糸を、経緯(たて・よこ)バランスよく織り立てるのも至難の技。日本人のものづくりを感じられる繊細な織り生地です。

ただ、課題だったのは、生地端の始末。

生地の端をそのまま使ってもよいのですが、どうせならば、長く使ってもキレイに見えるようにしたい、と解決に時間かかりました。生地が薄くて、またとっても粗いので、普通のミシンではうまくいかないんですね。

織り立てた生地の端。この薄くて粗い麻生地をストールとして始末するのが課題でした。

そこで用いたのが千鳥ミシンという特殊ミシン。ジグザクな縫い目と丸い巻き上がりが特徴のこのミシンは、高級ハンカチやシルクストールでよく使われます。熟練の職人さんでさえ、こういう粗い麻生地を縫製するのは初めてで、手慣れるまで長い時間を要しました。

貴重な”生成り(きなり)糸”を使用しています。良質な繊維原料が入手できなくなっている現在、再生産の目処が立っていない糸です。

薄く粗い生地なため、裁断機はズレてしまって使えません。1点1点丁寧に手裁断します。

そして、緻密なフリンジ加工。1本1本、丁寧に緯糸を抜いて仕上げます。見えない手間暇のため、生地代と同じくらいの縫製費がかかっていたりします・・。

大判サイズ(120✕180cm)、人気の藍染Verも進行中ですが、生成り色は、いまの生地在庫が終われば終了です。ご入用の方はお急ぎください。

藍染グラデーション ”波型” と “ストレート” の2種です。

<<藍染グラデーション・波型>>

 

<<藍染グラデーション・ストレート>>

▼▼▼ 商品お求めはこちら ▼▼▼

・ヘンプ100% 羽衣ストール
http://asafuku.jp/SHOP/A0172-1.html

60✕180cm・きなり、藍染(濃・淡)
120✕200cm・藍染グラデーション 2柄(波型/ストレート)


■メールで購読されませんか?
以下にメールアドレスをご登録ください。更新通知をお送りいたします。





関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。