ヘンプ生地、小さく巻くともっと便利に実用的に!?

◆手ぬぐい生地を20mで巻いてみました。

とっても人気商品となっております手ぬぐい(小幅)生地を、ぐるっと巻いた反状で欲しい、というご要望にお応えしまして20m巻きにしてみました。(通常1反の長さは120m)

IMG_0266

必要な分だけ取り出してカットできるのがとっても便利です。

 

◆オススメはキッチンペーパーの代わりとして

この小幅生地は手ぬぐい以外にも多目的にご活用いただけます。

麻福のオススメは台所まわり。「キッチンペーパーの代わり」「ラップの代わり」として便利にお使いいただけます。使い捨てしない生活に、いかがでしょうか。

wasarashi_06

wasarashi_10

wasarashi_07

wasarashi_09

wasarashi_08

上記以外にも、こんな用途に..

◎食卓ふきん
◎台所ふきん
◎出汁を濾すときに
◎布おむつに
◎腹巻きに
◎肌襦袢に
◎最後は、雑巾に

防災手ぬぐいでお付けしているリーフレットもご参考ください。

5bd5a35929ff7a5d86b83db88b0c7b15

ヘンプがもつ「抗菌」「消臭」作用で、イヤな臭いがおこらず清潔さを保ちます。

◎ヘンプコットン 手ぬぐい(小幅、和晒)生地
http://asafuku.jp/SHOP/C0044-1.html
tenugui_bnr

 

◆織り立ての風景

昔ながらのシャトル織機でゆっくり織り立ててます。このシャトルをつくる職人も減っており、もはや希少な織機です。

(参考ページ)https://asafuku.net/?p=3301

DSC_0661

緯(よこ)糸となるヘンプコットン糸をシャトル(樋)にセッティングしているところ

 

 

糸の糊や不純物は洗い落としています。生地に負荷をかけない和晒の洗い。無漂白・蛍光剤不使用です。

この地域(=大阪泉州地域)で行うものは「和泉 和晒(わざらし)」と呼ばれ、江戸時代から続く方法で行われます。どんな方法かというと、同じ釜で2~4日間ほど生地を炊いて行うのです。圧力がかかっていないので繊維へのダメージを最小限になります。やわらかい風合いながらも、ヘンプのシャリ感が残り、とても心地よい風合いになっています。

シャトル織機に想いを馳せて(ご支援依頼) より

 

◆ヘンプ100%の生地も小幅にカットしてみました!!

ヘンプ100%の中厚(24Nm)生地も約28cmほどの小幅にしてみました。

ちょっとした小物用に、また、ふんどしなどにもオススメですよ。 メール便(160円)ご希望の方は備考欄にご記載ください。

◎ヘンプ100%  24Nm(中厚)オフ白
http://asafuku.jp/SHOP/C0002-1.html

 

 


【ご案内】


ヘンプ手芸用品(生地・糸)を別サイト化させていただきます。
『麻福ヘンプものづくりネット(http://hemp-material.jp )』
OPENキャンペーン実施中です。



訳アリSALE拡充中!! 

天然素材・手仕事ゆえに、どうしても出てしまう"染めムラ"や"生地キズ"などを中心に省いたものをオトクな価格でご提供します!!
http://asafuku.jp/SHOP/152848/list.html


■メールで購読されませんか?
以下にメールアドレスをご登録ください。更新通知をお送りいたします。





◎麻福公式Webショップ
http://asafuku.jp/

◎麻福Facebook
https://www.facebook.com/asafukuhemp



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【手荒れ・アトピーに悩むお子様(幼児)へ朗報。】ヘンプのチカラ&おやすみ手袋。

  2. 『健康博覧会』出展中★麻福ベビーシリーズ『むすひ|結』

  3. スプーン1杯のヘンプオイルで健康になれるのか!?必須脂肪酸量の話。

  4. 祝・ヘンプ専門誌『HEMP LIFE』がこの10月に発刊!!

  5. 手織り麻布をつくるならヘンプ(大麻)で ~手織り用ヘンプ糸のススメ~

  6. 「座禅・瞑想」「リビング」のお供に。マイ・ヘンプ座蒲(ザフ、円座クッション)

  7. 【近江の麻】 ヘンプ麻わた 敷きパッド で快眠を。

  8. 日本国憲法施行の年に、昭和天皇陛下が麻畑に訪問した理由は?

  9. 草木染め(自然染め)の糸で作品はより輝く ~アクセサリー、手織り、手編みに~

コメント

    • 池竹則夫
    • 2016年 2月 23日

    大変良いと思います。
    以下、ご質問です。
    ・ヘンプそのものの生産地はどちらでしょうか?
    ・希望小売価格を教えていただけますか?
    ・販売店が少ないようですが、ネット販売などしていないのでしょうか?

      • kitamutak
      • 2016年 2月 23日

      コメントありがとうございます。
      ヘンプ自体の糸は中国のものになります。国内で良い糸がつくれれば良いですが、現状、糸の紡績には大量の繊維原料が必要となり、かなりハードルが高い状況です。
      たあだ、記事にもありますとおり、生地の織り立て と 織り立てた後の生地洗いは 国内(大阪)で行っております。

      現状ネット販売が主となっております。商品リンクが分かりにくかったこと、お詫び申し上げます。
      http://asafuku.jp/SHOP/C0044-1.html が商品ページになります。 mあたり 500円(税抜き)にて販売いたしております。

      その他、ご不明な点等がございましたら、お問合せくださいませ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

読者登録&ショッピングメルマガ登録

PAGE TOP