新時代の『BOROジャケット』が海外デザイナーの手により誕生

昨年ご紹介いたしました浅草アミューズの『BORO展』ですが、皆様お越しになりましたか?

何世代にわたって継がれたBORO衣服は、「BORO」として世界共通語となるほどアート・テキスタイルデザインの分野で高く評価され、海外、とくに、欧米の染織美術・現代美術のコレクターから買い求められているそうです。

●BOROについては下記ご参照

さて、このBOROを現代風にリバイバルしたのが、オランダ・アムステルダムで活躍される Denham the Jeanmaker氏です。作品の名前は、『Boro Spy Jacket』。

boro_jacket

日本の古布文化を尊重しつつ生まれた作品にいたく感動いたしました。

よろしければ、下記の記事をご参照くださいね。
http://www.handfulofsalt.com/noticed-boro/

ASAFUKU : http://asafuku.jp/

■メールで購読されませんか?
以下にメールアドレスをご登録ください。更新通知をお送りいたします。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 北海道ヘンプ最新状況(けいざいナビ北海道さん公開感謝!)

  2. 北海道で麻開く~北海道産業用ヘンプ状況~

  3. ヘンプ「落ち綿」・・”繊維ゴミ”でも立派な『多機能性 天然繊維』

  4. 麻弦の百々手式 で五穀豊穣願う(大麻比古神社にて)

  5. 麻の手ぬぐい生地 で生活力アップ

  6. 「ヘンプ中綿敷パッド」からみる日本の繊維現場状況

  7. 日本国憲法施行の年に、昭和天皇陛下が麻畑に訪問した理由は?

  8. ヘンプ(麻)ソックスで冷え取り

  9. 新プジョー308はヘンプカー。従来モデルの20-25%を軽量

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

読者登録&ショッピングメルマガ登録

PAGE TOP