天然機能性素材「ヘンプ」 × 最新産業技術 = ∞(用途は無限大)

こちらの写真は??

zeooo

実はこれもヘンププラスチックでできた椅子なんです。

発泡プラシチックという手法を用いてでつくられています。原料には、ヘンプのセルロース成分と水が使われているようです。金型次第で自由な形を形成できます。

Zeoform社は、オーストラリアにあるヘンプを用いた発泡プラスチック製造メーカーです。Gallaryをご覧ください。

zeoform_graphic

Zeoform Products Gallary

http://www.zeoform.com/gallery/ より
ヘンプを、どんな形にも変えて しまう魔法使いのようです。

宝の原石=「ヘンプ」の恵みを更に享受するために。。。最新の産業技術と組み合わせることで、その可能性は益々や拡がっていきます。それが、2万5000種とも 5万種とも10万種とも増えていく所以ですね。

■メールで購読されませんか?
以下にメールアドレスをご登録ください。更新通知をお送りいたします。





関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。