この「麻の如し」世の中を断つ「快刀」は?!

麻糸の見本をつくろうとしたところ、手をすべらせてしまい(情けない!)、糸がもつれてしまいました。。 こうなってしまうと大変です。。

「麻のことわざ」は多いですが、この「麻糸」がもつれていることからできた「ことわざ」も多いです。

この方向で代表的なのは下記2つでしょうか。

●麻の如し(ごとし)

(麻糸がもつれ乱れるように)ひどく乱れているさま。
(デュアル大辞林三版)

映画『もののけ姫』で「ジコ坊」もこう言いました。

jikobou

「ホッホッ、気づいたか。人前で砂金などみせるとなァ・・」
「まことに人の心の荒(すさ)むこと麻の如しだ」

http://saikado.web.fc2.com/ikuma_saki_geki/mononoke.htmlより)

ようは、世の中の状態、人の状態などが乱れていることを形容する言葉といえます。

 

●快刀乱麻(かいとうらんま)を断(た)つ

よく切れる刀でもつれた麻の糸を断ち切るように,もつれていた物事をあざやかに解決することのたとえ。
(三省堂 大辞林)

 

さて、麻を取り巻くいまの状況(まだまだ世の中に正しく麻のことが伝わっていない状況)は、たしかに「麻の如し」かもしれません。その「乱麻」を断つ「快刀」は何なのでしょうか???

..と、もつれた麻糸を必死にほどきながら、考えています(現在進行形)・・・。

 

P.S  苦渋を味わっている中、麻福Facebookページへの「いいね」が、ちょうど3000人を達成! ありがとうございます。 今後ともよろしくお願いします。

■メールで購読されませんか?
以下にメールアドレスをご登録ください。更新通知をお送りいたします。





関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。