[ロシア] 産業用ヘンプ栽培に負けじとチャレンジ!

ロシア・シベリアにあるブリヤート共和国では、35万ルーブル(約100万円)の補助金を出して、産業用ヘンプの栽培を促しているようです。

ブリヤート共和国

ブリヤート共和国

もともと同地では、ヘンプ栽培は盛んだったようですが、その在来品種は精神作用性の成分が含まれていた(THC1.45%以上)ようです。

昨年、THC0.7%昨年、冒頭の補助金を受け、産業用品種で最初のトライアル栽培が行われました。。が、残念ながら失敗に終わったそうです。

乾燥がちの土地で、雨量も少ないことが原因だったとのこと。

ただ負けじと次なるチャレンジを企てているそうです。『産業用品種栽培に取り組む意義は大きく、これくらいの失敗では補助金制度も打ち切られることはない、、』と記事は締めくくっています。

今年のチャレンジが楽しみですね。

35万ルーブルの金額の大小(1件の農家に支払われるのか補助制度の詳細は不明です)は置いておいても、行政側が金を出してヘンプ栽培を促す事実がまずは素晴らしい! 我が日本も見習って欲しいものですね。

◆Experiment to grow narcotic-free cannabis in Siberia ends in a puff of smoke
http://siberiantimes.com/home/born-in-siberia/experiment-to-grow-narcotic-free-cannabis-in-siberia-ends-in-a-puff-of-smoke/

ASAFUKU(麻福):http://asafuku.jp/

 

■メールで購読されませんか?
以下にメールアドレスをご登録ください。更新通知をお送りいたします。





関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。