[アメリカ]ケンタッキー州で5つの試験的ヘンププロジェクトが始動

先日お伝えしましたが、『アメリカ連邦法にて正式に産業用ヘンプ栽培を認めた』ことを受け、いち早く新しいヘンププロジェクトの話題が発信されました!

主体はケンタッキー州・農務省。 今月3月31日から始動のプロジェクトです。他州に先駆けています。

ケンタッキー州

 

その内容はコチラ!!

  1. ケンタッキー州東部では、ケンタッキー在来品種(産業用)を栽培[ケンタッキー州立大学との協同研究
  2. ケンタッキー州西部では、ヨーロッパ品種(産業用)の栽培。[マーレイ州立大学との共同研究
  3. 旧工業用地など汚染された土壌では、ヘンプ栽培による土壌改良効果の研究[ルイビル大学と協力
  4. ケンタッキー州中部では、収穫・生産高、栽培方法など、農作物としての基本情報を研究。
  5. ケンタッキー州東部では、イギリスと連携をとって、医療用途の研究のため薬用品種の栽培。

と盛りだくさん。官学の体制になっています。

ケンタッキーといえば、第二次世界大戦中、アメリカ政府のヘンプ栽培要請を受け、ヘンプ栽培に注力した場所。

1942年、愛国の農民たちは36,000エーカー(約15,000ヘクタール)のヘンプの種を植え、数十倍の増産を果たしたそうです。その翌年(1943年)の目標は50,000エーカー(約20,000ヘクタール)だったようです。ヘンプ栽培は戦争による物資不足を支えた訳ですね。

(ただ、、戦争が終わってしまうと、また『ヘンプは悪者』とのプロパガンダ(レッテル)が流布したわけですが..)

この時代のヘンプ栽培啓蒙映像が『Hemp for Victory』 、、是非ご覧ください。この映像の麻畑は主にケンタッキー州です。(3:01分頃より、馴染みの曲とともに登場します)

http://youtu.be/p52Epx6lJes

#翻訳はコチラの素敵なページをご覧ください。
http://cannabisstudyhouse.com/86_video/08_hemp_for_victory/hemp_for_victory.html

ヘンプ栽培のゆかりあるケンタッキー州での試みは、これからも目が話せませんね。楽しみです。

◆State plans five pilot projects to grow industrial hemp
http://www.kentucky.com/2014/02/17/3093473/state-plans-five-pilot-projects.html

ASAFUKU(麻福):http://asafuku.jp/


【ご案内】


ヘンプ手芸用品(生地・糸)を別サイト化させていただきます。
『麻福ヘンプものづくりネット(http://hemp-material.jp )』
OPENキャンペーン実施中です。



訳アリSALE拡充中!! 

天然素材・手仕事ゆえに、どうしても出てしまう"染めムラ"や"生地キズ"などを中心に省いたものをオトクな価格でご提供します!!
http://asafuku.jp/SHOP/152848/list.html


■メールで購読されませんか?
以下にメールアドレスをご登録ください。更新通知をお送りいたします。





◎麻福公式Webショップ
http://asafuku.jp/

◎麻福Facebook
https://www.facebook.com/asafukuhemp



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ヘンプ糸づくりの決め手となる『ヘンプ・スライバー』

  2. 奈良晒の産地で『麻の学習会』

  3. 4/22・23は アースデイ東京2017へ。麻福出店のお知らせ。

  4. アサトキトOPEN記念。『かぐらかぐら』にご掲載いただきました。

  5. 新『ローマの休日』はヘンプスクーターで?! (空想です)

  6. [アメリカ]DEA(麻薬取締局)・税関との小競り合いの末、ケンタッキー州立大学で産業大麻の種まきが開…

  7. “テキスタイル展示会”で”ヘンプものづくり”を啓蒙!…

  8. 天然機能性素材「ヘンプ」 × 最新産業技術 = ∞(用途は無限大)

  9. 【続報】ケンタッキー州 タバコ農地から産業ヘンプ農地へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

読者登録&ショッピングメルマガ登録

PAGE TOP