春支度。ヘンプ100%の薄手ニット生地。インナーに。

ヘンプ100%の薄手ニット生地を再販売できることになりました!! 細番手(麻60番)のヘンプ糸。しかも生成り(無漂白)です。

もう将来につくることはできない と言われている伝説の糸を用いています。泣いても笑っても、この生産分で終わりかと思います。

ヘンプ100%糸のニットは、コットンに比べるとどうしても固くて柔軟性に劣るため、編み立てるのが難しく、どうしてもガサガサな素材感になってしまいます。

この生地は、糸に対して編立る前の下準備(具体的には企業秘密にさせていただきます)を丁寧に行い、麻100%とは思えない、やわらかい肌触りに仕上げています。直接肌に触れても心地よい素材感です。

暖かくなる春先に向けて、ぜひ作品づくりにチャレンジしませんか。

■ヘンプ100% 薄手 天竺ニット生地 36Nm 約140cm幅、日本製
https://asafuku.jp/SHOP/C0080-1.html

 


【ご案内】


ヘンプ手芸用品(生地・糸)を別サイト化させていただきます。
『麻福ヘンプものづくりネット(http://hemp-material.jp )』
OPENキャンペーン実施中です。



訳アリSALE拡充中!! 

天然素材・手仕事ゆえに、どうしても出てしまう"染めムラ"や"生地キズ"などを中心に省いたものをオトクな価格でご提供します!!
http://asafuku.jp/SHOP/152848/list.html


■メールで購読されませんか?
以下にメールアドレスをご登録ください。更新通知をお送りいたします。





◎麻福公式Webショップ
http://asafuku.jp/

◎麻福Facebook
https://www.facebook.com/asafukuhemp



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 『麻卵』を想像する ~亜麻仁油とヘンプオイルの比較~

  2. スマートフォンと麻

  3. 近江(湖東地域)の麻(ヘンプ・大麻)について

  4. 『麻の葉スツールマット』ですよ!

  5. 思わず沈黙・・の美しさ。藍染めの大麻蚊帳生地タペストリー。

  6. ヘンプ(麻)ソックスで冷え取り

  7. ヘンプの”あったかインナー”。温かい理由とは?

  8. 1200年続く麻の伝統を「五感」で感じる。GWは「神戸(ごうど)の火祭り」へ。

  9. 新時代の『BOROジャケット』が海外デザイナーの手により誕生

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気記事

読者登録&ショッピングメルマガ登録

PAGE TOP