ヘンプの『レース編み』。より”実用的”に”美しく” 。

冒頭の写真はレース編みの生地です。

旧式のラッセル編機で経(たて)編で編み立てました。もともとストールとして使われていた柄なので美しいです。これをボディタオル用として展開しています。編立地は、和歌山県。

5057_UP

ラッセル経(たて)編機

何年も変わらず続いているアイテムです・・

こちら「ボディタオル」という商品名がついていますが、ボディタオル以外にも、首元タオル(首元スカーフ)としてお使いいただく方が大勢いらっしゃいますので、ご紹介します。

◆ボディタオル以外の使い方(首元タオル、首元スカーフとして)

1.汗ふきタオルとして

これからの季節、屋外で少し歩くだけでも、汗かいてしまいますね・・とくに、首元。さらっと巻いておけば、汗をすばやく吸収、速乾。首元のベチャベチャ感が軽減されます。

レース編みなので、通気性よくて暑苦しくないのが快適なポイントです。

運動しているとき、屋外での力作業をしているとき、とってもオススメです。

乾いたあとでも、生臭いニオイがしないのも、とっても使いやすいです。汗をぬぐうたびにニオイを感じたくないですからね。

汗ふきタオルにも

2.熱中症対策タオルとして

続いては、30度を超す炎天下では、タオルごと濡らして、首元に巻かれるのがオススメ。水分が蒸発するタイミングで、身体の熱も一緒に奪ってくれる(気化熱効果)ので、涼しくなります。

07

タオル端をそのまま服の中に入れてご使用いただくのもオススメです

3.冷え対策として

また一方、クーラーで肌寒く感じるときにも首元に巻いてください。適度な保温性で冷えから身体を守ります。

4.(番外編)乾布摩擦タオルとして

乾布摩擦用のタオルとしても、とってもオススメです。マクロビオティックの権威「Kushi Institute」の先生からは推薦文をいただいたこともあります。

KushiStoreJP

◆本来のボディタオルとして

本来のボディタオルとしても、とってもオススメです。

◎適度な刺激感。

レース編みの適度な刺激感がよいです。ナイロン系のは肌を痛めるんですね。

黒皮症』 ご存じでしょうか。別名「ナイロンタオル色素沈着症」。ナイロンタオルでゴシゴシしすぎることで皮膚が黒ずんでしまう症状です。

【過去記事参照】怖い『黒皮症』..レース編みのヘンプタオルがオススメです
https://asafuku.net/?p=305

天然素材で、かつ、レース編みなので、このタオルならば心配無用です。

心地よい肌触り

カビない。ニオわない、ヌメらない。 そして、とても長持ち。

速乾性が高いヘンプで、かつ、レース編みで隙間あるよう編んでいるので乾きは早いです。通気性が良く、抗菌性の高いヘンプ繊維と相まっているので、カビしらず。イヤなにおいはしませんし、あの、ヌメリ感が生じません。

とっても長持ちなのです。1年は軽くもちます。3年使っている方もいらっしゃいます。シルクやレーヨンなど1か月つかえばカビてきますよね? それと比べれば、ものすごい丈夫です。

◎泡立ちも上々

レース編みの粗い生地組成のため、天然素材系のタオルと比べると泡立ちも上々です。(ただ、ナイロン系のタオルと比べると、どうしても弱いところがあります。ナイロン系に負けない泡立ちをご希望される方は「蚊帳タオル」をご利用ください。麻100%の粗降り生地は、ナイロンタオルの泡立ちに負けません。)

 

1人に1枚。用途別に1枚。ご家族の1枚。いかがでしょうか。

◎レース編みボディタオル ◆今なら送料無料◆
http://asafuku.jp/SHOP/A0036-1.html

同梱商品も送料無料とさせていただきます。
※送料無料キャンペーンは予告なく終了します。

EBT_4994

■メールで購読されませんか?
以下にメールアドレスをご登録ください。更新通知をお送りいたします。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 北海道ヘンプ最新状況(けいざいナビ北海道さん公開感謝!)

  2. 北海道で麻開く~北海道産業用ヘンプ状況~

  3. 近江(湖東地域)の麻(ヘンプ・大麻)について

  4. 【特別企画】古代の麻布の見本帳づくりワークショップ

  5. 草木染めヘンプ糸を手織りで奏でる『MOMOさんのストール』

  6. “テキスタイル展示会”で”ヘンプものづくり”を啓蒙!…

  7. 消臭(エチケット)植物=ヘンプ!!食品は「消臭食材」に。衣類は「消臭衣料」に

  8. 「市松文様」と「麻」で末長い繁栄を祈願。

  9. アメリカのヘンプ産業状況(市場規模、輸入統計など)を眺めてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

読者登録&ショッピングメルマガ登録

PAGE TOP