ヘンプオイルでDHA?青魚で有名なDHAとαリノレン酸について

スプーン一杯のヘンプオイルで健康になれるのか?」の記事で、「必須脂肪酸」について取り上げました。
必須脂肪酸は、健康を保つために必須の栄養素で、身体で作り出せなないため食品からとらなければならない栄養素、ということでした。

そのオメガ3には、実はDHA(ドコサヘキサエン酸)も含まれています。青魚に多く含まれる成分として、また「頭(脳)に良い成分」としてご存知の方も多いと思います。

 

「脳に良い」とは?

「日本人の子どもの知能指数の高さと、魚をよく食べることには関係性があるのでは?」ということで1989年ごろから注目・研究されてきたのがDHA(ドコサヘキサエン酸)です。色々と研究が進んだ結果、DHAには、血液をサラサラにし、脳働きをサポートしたり血管系の疾患の予防や改善につながるということがわかってきました。

さらには、脳の情報処理速度の向上や物忘れ(認知症リスク)の改善が認められているようです。赤ちゃんの脳・精神の成長にも良い影響を与えるなど、驚くような効果ばかりです。(サントリーさんのページが詳しい http://health.suntory.co.jp/omega/

 

そのDHA、実はαリノレン酸を元に、身体で作られるんです。

IMG_0131

DHAは少し例外的な「必須脂肪酸」でして、実は身体の中で生み出しているのです。そのDHAの元となるのが、ヘンプオイルに多く含まれる「αリノレン酸」なんです。

αリノレン酸は自体にも、血中の中性脂肪を下げる作用・血栓を防ぐ作用・高血圧を下げる作用があると言われています。さらにその上、脳や身体に絶対必要なDHAやその他の脂肪酸へと変化するのがαリノレン酸の特筆すべき性質です。(DHAからαリノレン酸への変化は起こらない。)

 

でも、やっぱり「バランス良い食事」が大切

ここまで聞くと、αリノレン酸が万能薬のように思えてしまいますが、αリノレン酸からDHAに変換される割合は10%~15%と、DHAに変換される効率は高くないそうです。ちょっと残念ではありますが、αリノレン酸が身体に良い影響を与え、必須であることに代わりはありません。

やはり結論としては、「バランスの良い食事」が最も大切である、ということになりますね。

「バランス」といえば、オメガ6とオメガ3の割合が最もバランスの良い理想的な油は麻の実オイルだ、ということは忘れずに!

以上、αリノレン酸とDHAについて、少し掘り下げてみました。

 

明日の晩ごはんは 「有機ヘンプオイルと青魚のマリネ」 なんてどうでしょうか?

有機 麻の実油(ヘンプオイル)

http://asafuku.jp/SHOP/B0005-1-pv2.html

 

その他参考資料

脂質 – 厚生労働省

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/dl/s0529-4g.pdf

独立行政法人 国立健康・栄養研究所

http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail32lite.html


【ご案内】

◎ヘンプ手芸用品(生地・糸) 夏の大キャンペーン中。

 
◎Instagram更新してます。ご支援お願いします。
https://www.instagram.com/asafukuhemp/

 

■メールで購読されませんか?
以下にメールアドレスをご登録ください。更新通知をお送りいたします。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【モニター募集】手仕事用ヘンプ糸 ~手編み・アクセサリー・手織り用に~

  2. ヘンプ糸、生地が高くなる7つの理由

  3. 麻の段通マウスレストで PC作業のストレス対策!?

  4. 怖い『黒皮症』..レース編みのヘンプタオルがオススメです

  5. 草木染めヘンプ糸を手織りで奏でる『MOMOさんのストール』

  6. エコな『ヘンプ(麻)ノベルティ』は販促品にオススメです!

  7. 【速報】”ヘンプ”コラボの”ネルドリップコーヒー”が…

  8. 【重要】大麻取締法の設立経緯。憲法的な解釈について。

  9. 「冷え」「むくみ」「便秘」に ヘンプの褌(ふんどし)?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

人気記事

読者登録&ショッピングメルマガ登録

PAGE TOP