麻(ヘンプ)の手ぬぐい生地 洗い(糊抜き)済み

手ぬぐい生地。晒生地ともいいます。

幅38cmの小幅織機で織ったものです。この幅の織機は、日本特有のものです。ただ、それも、だいぶ数が減ったようです。

麻福の手ぬぐい生地は、大阪泉州地域のものになります。

泉州は昔より繊維産業が栄えた地域です。
(参考)http://senshu-concierge.com/collaboration.html

実は、今まで生地売りしているも(http://asafuku.jp/SHOP/C0044-1.html)のは「織ったばかりの生地」で糊付されていました。

洗った状態の生地が欲しいとのリクエストに応えて、近日、『洗い済み(糊抜き)の手ぬぐい生地(無漂白・無染色)』を販売することにいたしました。

そのまま、肌襦袢、布おむつ、お祭りの腹巻、料理の下ごしらえ、掃除(テーブル・ガラス拭き)など、、さまざまな用途にご使用いただけます。

お急ぎの方は、個別にお問い合わせください。 

ちなみに、100円アップの予定です。

■メールで購読されませんか?
以下にメールアドレスをご登録ください。更新通知をお送りいたします。





関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。