Let’s Hemp Wine(ヘンプ・ワイン)

ヘンプワインはご存知ですか?

有名なのが ChanVrin 。フランスの銘柄です。エチケットをご覧ください。いい感じでしょう?
Blancbig

そして、同じくフランスのシャトー・マリス(Chateau Maris)

ここはヘンプワインでも、ワイナリーがヘンプなのです。
なんと、オガラを石灰で固めたヘンプクリート形式のレンガでつくられているワイナリーなのです!

NS_112912MarisHemp3a_500

固められる前の形状はこんな感じ。
NS_112912MarisHemp1a_500

この建築方式のメリットは、

1.とにかく軽い。
2.多量のCo2を固定化可能。

そして、何より特筆すべきなのが

3.天然の調湿・温度調整効果。
ヘンプクリートの無数の穴(多孔質性)が、室内を快適な環境に自然調整。記事では、天然のエアコンとして温度調整機能が発揮されているようです。

ヘンプハウス内で醸造された「ヘンプワイン」ってのもたまりませんよね。

P1030194

オーナーであるケヴィン・カーナー(Kevin Carner)さんが、世界に先駆けて手がける「ヘンプワイナリー」でつくられた「ヘンプワイン」の販売は2015年春だそうです。

とにかく、楽しみですねっ!

■Chateu Maris
http://chateaumaris.com/the-hemp-winery/

※1分57秒頃からヘンプクリートが登場します。


【ご案内】

訳アリSALE拡充中!! 

天然素材・手仕事ゆえに、どうしても出てしまう"染めムラ"や"生地キズ"などを中心に省いたものをオトクな価格でご提供します!!
http://asafuku.jp/SHOP/152848/list.html


■メールで購読されませんか?
以下にメールアドレスをご登録ください。更新通知をお送りいたします。





◎麻福公式Webショップ
http://asafuku.jp/

◎麻福Facebook
https://www.facebook.com/asafukuhemp



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. COP21とヘンプ ~ヘンプ活用ノウハウを各国リーダーが語り合えば、きっといい未来が待っている~

  2. 新プジョー308はヘンプカー。従来モデルの20-25%を軽量

  3. アメリカの産業用ヘンプ(大麻) の現状 2015年

  4. 【追記★今年もやってきました!】第5回 日本麻フェスティバル in 兵庫・伊丹

  5. ヘンプは再生可能な循環型社会の構築に貢献。その可能性は5万種類以上。

  6. 100年以上前の手紡ぎ麻糸発見!!

  7. 【今年もやります。】渋谷MODI 出店のお知らせ <4/26~6/11>

  8. 徳川将軍に倣う。ふんどしの日『藍染め麻褌』で男を上げる。

  9. [アメリカ]DEA(麻薬取締局)・税関との小競り合いの末、ケンタッキー州立大学で産業大麻の種まきが開…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

人気記事

読者登録&ショッピングメルマガ登録

PAGE TOP