新時代の『BOROジャケット』が海外デザイナーの手により誕生

昨年ご紹介いたしました浅草アミューズの『BORO展』ですが、皆様お越しになりましたか?

何世代にわたって継がれたBORO衣服は、「BORO」として世界共通語となるほどアート・テキスタイルデザインの分野で高く評価され、海外、とくに、欧米の染織美術・現代美術のコレクターから買い求められているそうです。

●BOROについては下記ご参照

さて、このBOROを現代風にリバイバルしたのが、オランダ・アムステルダムで活躍される Denham the Jeanmaker氏です。作品の名前は、『Boro Spy Jacket』。

boro_jacket

日本の古布文化を尊重しつつ生まれた作品にいたく感動いたしました。

よろしければ、下記の記事をご参照くださいね。
http://www.handfulofsalt.com/noticed-boro/

ASAFUKU : http://asafuku.jp/


【ご案内】

訳アリSALE拡充中!! 

天然素材・手仕事ゆえに、どうしても出てしまう"染めムラ"や"生地キズ"などを中心に省いたものをオトクな価格でご提供します!!
http://asafuku.jp/SHOP/152848/list.html


■メールで購読されませんか?
以下にメールアドレスをご登録ください。更新通知をお送りいたします。





◎麻福公式Webショップ
http://asafuku.jp/

◎麻福Facebook
https://www.facebook.com/asafukuhemp



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 麻幹(麻がら、おがら)の活用方法について(まとめ)。とっても奥深いです。

  2. ヘンプの雄株と雌株

    ヘンプはオス・メス(雄株・雌株)がある4%の高等植物

  3. 《麻紙名刺PRJ.②》麻紙から創る未来。

  4. 「麻」と「注染」と「伊勢型紙」

  5. 江戸時代のナノ・テクノロジー『ベンガラ(べんがら)』顔料とヘンプ

  6. 【手荒れ・アトピーに悩むお子様(幼児)へ朗報。】ヘンプのチカラ&おやすみ手袋。

  7. 【重要】大麻取締法の設立経緯。憲法的な解釈について。

  8. 「国産大麻糸(手績み糸)」と「ヘンプ糸(紡績糸)」を比較する

  9. 伊勢神宮の外宮前で『自然布展』を開催。過去と未来の麻布を考える。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

読者登録&ショッピングメルマガ登録

PAGE TOP