「手織り」にはヘンプ(大麻)糸が似合う!?

手織り織機用にと仕立てた「手織り用ヘンプ糸」です。太めの紡績糸(麻番手20番)を3本、5本、7本を1本の糸状に撚りました。

紡績糸1本だけだと、強度が足りず、手織り織機では難しいのです。

心を込めて手織り布を創るならば、ヘンプ(大麻)素材でやりたい、とのご要望。ほど良い風合いに仕上がりました。

こうしたご要望は過去にも幾度となく頂いておりました。

そこで、この機会に「手織り用 ヘンプ糸」を少し多めにつくってもらっています。

ご要望の方がいらっしゃいましたら、予めお声かけいただけますと幸いです。

ちなみに、アクセサリー用としては、少々固く向かないかもしれません。

 


【ご案内】

訳アリSALE拡充中!! 

天然素材・手仕事ゆえに、どうしても出てしまう"染めムラ"や"生地キズ"などを中心に省いたものをオトクな価格でご提供します!!
http://asafuku.jp/SHOP/152848/list.html


■メールで購読されませんか?
以下にメールアドレスをご登録ください。更新通知をお送りいたします。





◎麻福公式Webショップ
http://asafuku.jp/

◎麻福Facebook
https://www.facebook.com/asafukuhemp



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ヘンプ糸、生地が高くなる7つの理由

  2. 日本にも伝わった「麻花」のお菓子とは?!

  3. 麻弦の百々手式 で五穀豊穣願う(大麻比古神社にて)

  4. 100年以上前の手紡ぎ麻糸発見!!

  5. ヘンプ(麻)の布団で新年準備。

  6. 【特典予約開始】ヘンプ生地の共同調達実現へ!?・・・想いを込めて。

  7. 【近江の麻】 ヘンプ麻わた 敷きパッド で快眠を。

  8. 【速報】”ヘンプ”コラボの”ネルドリップコーヒー”が…

  9. 伊勢神宮の外宮前で『自然布展』を開催。過去と未来の麻布を考える。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 3月 26日

人気記事

読者登録&ショッピングメルマガ登録

PAGE TOP