麻(ヘンプ)の手ぬぐい生地 洗い(糊抜き)済み

手ぬぐい生地。晒生地ともいいます。

幅38cmの小幅織機で織ったものです。この幅の織機は、日本特有のものです。ただ、それも、だいぶ数が減ったようです。

麻福の手ぬぐい生地は、大阪泉州地域のものになります。

泉州は昔より繊維産業が栄えた地域です。
(参考)http://senshu-concierge.com/collaboration.html

実は、今まで生地売りしているも(http://asafuku.jp/SHOP/C0044-1.html)のは「織ったばかりの生地」で糊付されていました。

洗った状態の生地が欲しいとのリクエストに応えて、近日、『洗い済み(糊抜き)の手ぬぐい生地(無漂白・無染色)』を販売することにいたしました。

そのまま、肌襦袢、布おむつ、お祭りの腹巻、料理の下ごしらえ、掃除(テーブル・ガラス拭き)など、、さまざまな用途にご使用いただけます。

お急ぎの方は、個別にお問い合わせください。 

ちなみに、100円アップの予定です。


【ご案内】

訳アリSALE拡充中!! 天然素材・手仕事ゆえに、どうしても出てしまう"染めムラ"や"生地キズ"などを中心に省いたものをオトクな価格でご提供します!!


http://asafuku.jp/SHOP/152848/list.html



◎麻福公式Webショップ
http://asafuku.jp/

◎麻福Facebook
https://www.facebook.com/asafukuhemp



◆メルマガご希望の方は以下フォームよりメールアドレスをご登録ください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ヘンプで『究極の癒し』体験を。«癒しイベントのご案内»

  2. ヘンプ・インナーウェアの保温性 ~”化繊系あったか衣類”と比較する~

  3. 2017年もヘンプで快適・健康な生活を

  4. ヘンプオイルでDHA?青魚で有名なDHAとαリノレン酸について

  5. 日本の『布(自然布) 』を通して「植物」と「人」の共生を考える

  6. 光と麻の相乗効果。”光の依り代(よりしろ)”サンキャッチャー・ワークショプ

  7. スマートフォンと麻

  8. 新時代の『BOROジャケット』が海外デザイナーの手により誕生

  9. 母を「ねぎらう」ということ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

読者登録&ショッピングメルマガ登録

PAGE TOP