中国はヘンプ(漢麻)に本気! 日本も負けじと国策で取り組んで!

本日は、著者が中国出張に出るため簡単にさせていただきます。

ヘンプ製品の原料となる糸ですが、、日本は皆無につき、頼る先は中国になってきます。

ただ、残念ながら、ヘンプ製品技術において、特に、栽培~実証実験~実用化をも考慮すると、もはや「中国」は日本の先、いや世界の先導をいっています。少なくとも繊維原料については。。

中国のヘンプ(中国名では 漢麻)プロジェクト

まだまだ日本では知られていませんが、いま世界で最も研究開発に熱心なのは中国と言っても言い過ぎではないと思います。

中国は、また、国家として抱える諸問題を解決するだけでなく、国家としての国際競争力を高めるために、産業用ヘンプを国策として取り組んでいます。

国家の悩み

国家が抱える諸問題とヘンプ

 

国家主席(写真は前・胡錦濤主席ですが)を主導に、人民解放軍にヘンプの専門研究機関を設置して研究開発に取り組んでいます。その全体の予算は想像するもできないくらいの大きなものです。(繊維関係だけで数百億円という単位)

漢麻素材センタ

軍用ヘンプ素材研究センター(中国)

 

ヘンプ産業を推進する前・胡錦濤主席

 

しかも、人民解放軍の専門研究機関を筆頭に、各産業分野のリーディング・カンパニー(先導をいく企業)、そして、各地の大学の研究機関と連携をとったヘンプの産学官・研究開発ネットワークを築いて展開しています。

産業チェーン

政府主導のヘンプ産業開発(中国)

 

繊維分野においては、中国ヤンガーグループが手がけています。麻福は当グループを背景に、今までなかった高品質な糸を輸入し日本で製品化してきました。

次の動画は、その中国ヤンガーグループでのヘンプへの取り組みに関するプロモーション映像です。自然豊かな「雲南省」が舞台です。是非改めてご覧くださいませ。


【ご案内】

訳アリSALE拡充中!! 

天然素材・手仕事ゆえに、どうしても出てしまう"染めムラ"や"生地キズ"などを中心に省いたものをオトクな価格でご提供します!!
http://asafuku.jp/SHOP/152848/list.html


■メールで購読されませんか?
以下にメールアドレスをご登録ください。更新通知をお送りいたします。





◎麻福公式Webショップ
http://asafuku.jp/

◎麻福Facebook
https://www.facebook.com/asafukuhemp



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. タバコから麻(ヘンプ)栽培へ移り変わる理由~アメリカ・ケンタッキー州~

  2. 日本国憲法施行の年に、昭和天皇陛下が麻畑に訪問した理由は?

  3. ヘンプとコットン 雑菌に強いのは?

  4. 【ドイツ連邦議会】重大疾病患者のために。満場一致で可決。

  5. 【日本麻の祭典】日本麻フェスティバル!! 10/21・22は栃木へ

  6. 100年前の大麻糸に触れてタイムスリップ

  7. 【緊急告知】色鮮やかな草木染めヘンプ糸に触れてみるワークショップ!!

  8. 赤ちゃん(子供)にヘンプ(麻)を!!ベビー用素材に最適な理由(まとめ)

  9. スプーン1杯のヘンプオイルで健康になれるのか!?必須脂肪酸量の話。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

読者登録&ショッピングメルマガ登録

PAGE TOP